睡眠時無呼吸、いびき検査

いびきは上気道(のど、はな)が狭いことでなることが多く、睡眠時に閉塞がおこると呼吸が完全に止まる状態(無呼吸)になります。無呼吸はからだの低酸素を引きおこし、寝ている間に心臓や血管に負担をあたえ、高血圧、心疾患、糖尿病、脳血管障害の原因となります。

 

また日中の眠気、倦怠感や集中力の低下をきたし、日常生活に大きな影響をあたえ人の活動を著しく低下させます。

 

睡眠時の無呼吸がないかはファイバーにて喉がせまくなっていないかを確認したり、貸出しの簡単なモニターを寝る時につけていただくことで検査することができます。