舌下免疫療法

スギのアレルゲンを舌の下に滴下し、2分間保持する事で、スギ花粉症の症状を改善させる治療です。したがって、注射の痛みがなく自宅での服用が可能です。

 

通院は一ヶ月おきです。

薬による対症療法と違い、スギ花粉症に対する唯一の根治療法といえますが、速効性はなく、スギ花粉が飛散していない時期も含め毎日の服用が少なくとも2~3年は必要です。治療後は内服と違い長期にわたり症状をおさえる可能性があります。

 

このお薬で以前ショックをおこしたことのあるかた、気管支喘息の方、がんや免疫系の病気のある方は治療を受けることが出来ません。

 

スギのアレルゲンが特に高いかたが対象ですので、スギおよび類似のアレルゲン検査を採血にて事前に行います。治療対象のかたは6~10月の時期に治療を開始いたします。

 

副作用はほとんどありませんが、主なもので口内炎、舌の下のはれ、のど、みみのかゆみ、頭痛などです。ごくまれに重大な副作用としてショックやアナフィラキシ-をおこすことがありますが、死亡事例は報告されていません。